幸せの定義

私の狭いシンガポール社交生活で知り合った人達を見て思うこと。

悲しいことに・・・不幸せな人達。

この人達の大半は既婚女性。子供あり。働いていない、もしくは仕事は不定期。
いわゆる”主婦”なんだろうけど、家事や育児はメイドがするので、
日本的感覚な主婦とは少し違うと思われる。
シンガポール人。または日本以外のアジアの国出身。

共働きが主流と思われるシンガポールで、まだ若い年代で働いてない
「マダム」の方達はきっと相当恵まれてるのだと思う。
自分の楽しみだけに時間を使えるのである。なんて楽勝人生。
同じくお気楽人生を送ってる私に言われたくないと思うけど、私は元気でまあ幸せだ。

マダム達とのランチの席は、不幸な結婚生活へのグチばっかりだ。
確かに、こちらの男性は束縛が相当厳しい様に思える。
今どこで誰と会ってるか、何時に帰るのか、チェックの電話も度々。
最初の内はそんな光景を見て「新婚さんでもないのに、奥さんに関心があるんだなー。
ある意味うらやましい」などど思っていたが、どうやらそんな事情ではないらしい。
要は信頼関係の危機らしい。

狭いシンガポール、ショッピングしてても食事してても知り合いに会う機会は多い。
あり余る時間、自由のない(と本人は感じている)生活、理不尽な夫。
そんな生活はこちらが想像するよりストレスの溜まるものなのか。
それとも日本人の様に内に秘める文化がない分、自分の感情にオープンなのか。

私の様な数年でこの国を去る人間になら、なんでも思った事を話せるのか知らないが
話を聞き出したら最後、彼女達の不幸話は終わる事がない。

美しい有閑マダム達。
あなた達は私を悲しい気分にさせる。
私はもう少しでこの国を去るけれど、あなた達の言う苦しみが
少しでも軽くなる日が来るといいね。


今日もアチーね。こんな日は特にベティとのお散歩が精神衛生上欠かせないよ。
f0136555_1553586.jpg


人気blogランキングへf0136555_15134562.gif

 ランキング参加中。応援クリックありがとうございますっ。
[PR]
by hippoK | 2007-05-16 15:22 | シンガポール


<< 引越し準備 週末の恒例 >>