そして何もなくなった

引越し業者さんが家の荷物を梱包しにやってきた。
おじさん5人、スーパーバイザーのお姉さん1人が朝9時半から忙しげに立ち回る。
私とベティはリビングからルーフバルコニーに続く螺旋階段に座り、高みの見物。

エアコンを20℃に設定したにも関わらず、おじさん達は汗びっしょりだ。
見てる私の背中にも汗が流れる。
なぜかって、ビビリのベティがぴったりくっついてるから。

デブってアツイね。

あっそのデブにしてしまったのは私です。反省。

↓油断してると梱包されちゃいそうなベティ。(円の中にいます)
f0136555_191127100.jpg

プロの方達のお仕事は速く、段ボールにして60個近い荷物をお昼までに箱詰め。

↓なんか変だな~。(ベティ)
f0136555_19191142.jpg

↓そして箱だらけでも自分の定位置にいたいベティ。でも箱コワイ。
f0136555_19152381.jpg

午後2時前には全て段ボールを運び出して行きました。この荷物はアメリカへ。

ガラーンとした家。
後はスーツケースにつめて日本へ持っていく荷物だけが残ってる。

今日は特に何もしていないけど、なんかどっと疲れたね、ベティ。

シンガポールを去るのは明後日日曜の夜。

人気blogランキングへf0136555_19311523.gif

 ランキング参加中。応援クリック感謝いたします。
[PR]
by hippoK | 2007-06-01 19:29 | シンガポール


<< 無事帰国 判決の日 >>