ベティの受難

アパートの敷地内をベティと歩いていたら突然出てきた犬に襲われた。
飼い主の手から離れてしまったらしい。転がったベティの上に覆いかぶさる大きなバカ犬。

いつも冷静な私だって怒るのだ。バカ犬の後頭部にムエタイキックを食らわした。
飼い主さんが出てきて犬を引き離したが、ビビりベティは相当ショックだった様子。
屈んだ私のお腹に頭をうずめてぎゃいんぎゃいんとないている。

(ベティ以外)静まり返るその現場。

「・・・ケガしちゃったのかしら。」(バカ犬飼い主)
「怖かっただけだと思いますけど。」(怒りオーラ大放出の私)
「ぎゃいんぎゃいんぎゃいん」(ベティ)

「あのー・・ほんとにごめんなさい、わたし・・」(バカ犬飼い主)
「もういいんで行ってください。」(冷めた口調が余計に恐ろしいに違いない私)
「ぎゃいんぎゃいんぎゃいん」(ベティ)

その後もしばらく私のお腹に向かってむにゃむにゃ何かを訴えていたベティ、
もうこのまま家に帰った方がいいかなと思ったけど、急に立ち直り散歩続行となった。
その後も機嫌よく走り回っていた。

演技?演技だったのかベティ!?

↓ともかくバカ犬には気を付けようね。
f0136555_2285555.jpg

人気blogランキングへ

 ランキング参加中。応援クリック感謝します。
[PR]
by hippok | 2007-10-24 02:34 | ワンコ


<< やっぱ文化の違い 大きい事はいい事? >>