私にも母性

高校でESL(英語が第二外国語の生徒達)のクラスにも顔を出している。

クラスにはアジア・アフリカ・南米出身の生徒達が20人ほどいる。
生徒達は10年生、日本でいう高校一年生だ。
私がすごく若くして子供を産んでいれば、親でもおかしくない年齢の子供達。

中に1人いつも問題行動ばかりして先生に注意されている生徒がいる。
私にもイタズラばかりする。授業も全然聞いてない。
こんな状態で他のクラスではどうなんだろうか。ちゃんと卒業できるのかなぁ。
悪い子ではないと思う。関心を引きたいだけなんじゃないかな。
と私の見方は結構同情的。ちょっとしたお母さん気分だ。実は子供はすごく嫌いですが。(ぶっ)

外人としてアメリカに来て、今度は永住者としてこっちに溶け込むのって大変だと思う。
でももう何年も経ってるそうなのだから、もうちょっと大人になれよ。
いつか気付くのだろうか。それともこのままよそ者として生きていくのかな。

母さん(私)は君を応援しているんだよ。だから私のマフラーを隠すのはやめてくれ。(傘もな)

問題児とは大違いな我家の従順素直なベティ、控えめに散歩催促の様子。
↓そわそわ。
f0136555_813219.jpg

↓存在アピール。(近すぎます)
f0136555_821088.jpg

人気blogランキングへ

 ランキング参加中。応援クリック感謝します。
[PR]
by hippok | 2007-10-31 08:05 | シアトル


<< 何もしたくない一日 いつもと変わらぬ週末 >>