ご近所戦争勃発

他人が集まって暮らす集合住宅にはつきもののトラブル。
はたから見ればとってもくだらない事だが、当人は思いっきり本気である。
うちでも起きちまいました。

向かいに住む男は怒ってる。
そいつの部屋は共用広場に面していて、そこでは住人がタバコを吸ったり犬の散歩をさせたりする。
で男からすると犬連れのうちもにっくき犯人の1人らしい。
ある朝怒り心頭の男に怒鳴られた。
「うちの庭で犬にく○(ピー)させるな」
礼儀も何もあったもんじゃない。しかもここはお前の庭じゃないぞ。
でも私はきちんと反論できる日本人なので言い返した。で男納得。
その場は治まったのだが夕方また同じ事態に。
今回はケンカになってしまった。私は言われたら言い返す日本人なのだ。
しかしブチ切れた私の英語はかなり怪しかったと思う。ぶっ。
口げんかを聞きつけた男の妻も見守る中、一応治まる。
納得いかない私は管理事務所にそいつの苦情報告をしてやった。
更に住民トラブルを扱う責任者にメールで報告、それは被害報告として記録されるとの事。
今度こんな言いがかりつけたら警察呼んでやる。私は泣き寝入りはしない人間なのだ。

夜大学院から帰ってきた夫おにぎりに話すと、そいつと話してくると言う。
で一緒に夜の10時近くにそいつの家に行った。
結果そいつは無礼を私に謝罪する事となった。おにぎりありがとう。

ほんとにこれで終わりになる事を願うけど。
撃たれたりベティに危害を加えられたりするのが怖い。
うん○被害ははたから見てるとくだらないが、男はストレスで尋常じゃない位怒っている。

イロイロありますシアトル生活。
でも一応納得して前に進むことにする。ねっベティ。
f0136555_391850.jpg

人気blogランキングへ

 ランキング参加中。応援クリック感謝します。
[PR]
by hippok | 2007-11-09 03:11 | シアトル


<< 私にも母性その2 冬時間 >>