まだまだいける?

高校でESL(英語が第二外国語の生徒)のアメリカ史クラスにも顔を出している私。
先生のアシスタントというお話で入ったのだが、無知すぎる私に出来る事はなく、
結局生徒と一緒に授業を受けるだけだ。
この2週間先生がお休みだったので、一週間交代で2人の代理の方が授業をする事となった。

で「あら~新入生ね?お名前は?」と私に聞く代理1先生。ぶっ。
このクラスは日本でいう高1だ。そして私は30代。
まあ教室にいる→生徒って考えてしまうせいもあるのだろうね。
そして一週間後。代理2先生がまたもや私を生徒と間違えた。
その時クラスの東洋系の子がふざけて「僕の姉さんです」と言った。
だが冗談は通じず先生はすっかり信じきっていた。ぎゃははは。(申し訳ないので後で訂正した。)

この一件で私は一体何歳なのだって話になり、教えてあげたら皆ぶっ飛んでいた。

ちなみに別のクラスで会う日本人留学生は、私を「29歳くらい」だと思っていたそうだ。
やはり同じ日本人にはごまかしはきかないらしい。ぎゃはは。
それでも実年齢よりはずっと若いけど。

あ、つまり母さん(私)は若作りし過ぎって事ですか?

↓そういう事だろうねぇ~。(ベティ)
f0136555_2293716.jpg

人気blogランキングへ

 ランキング参加中。応援クリック感謝します。
[PR]
by hippok | 2007-11-20 02:33 | シアトル


<< ああ心苦しい 通じ合うもの >>