シアトルペットボーディング事情

夫おにぎりの冬学期が終わる頃に旅行でもしようかと話している。
すっごい嬉しい~あったかい所に行きたい。でもそこで避けられない問題にぶちあたる。
↓それはうちのベティ姉さん。
f0136555_2242068.jpg

最近顔の白髪もとっても目立つようになった気のする11歳の姉さん。
社交性ゼロの姉さん。下の方も緩んでる姉さん。(お薬飲んでる分には問題なし)
置いていくのが本当に心配なのだ。

でシアトルのペット預かり所事情を調べる日々の私。
さすがペットに優しい?アメリカ、探せば色んなサービスがある。
いわゆるなペットホテルは勿論、犬は動かさず家に人が来てくれるサービス、
また日中は”デイケア”なるもので他のワンコと遊び(保育園状態)、夜はその施設にお泊り、
更には一般宅でのホームステイってのもあった。


ふむふむ社交的な犬ならデイケアつきのお泊りプランは楽しそう。
でも間違いなく孤独を愛するうちの姉さん向きではない。
家に置きっぱなしは、猫ならいいかもしれないけどやっぱ心配。
でホームステイの線で考えているが、預かってくれる人の家にも勿論犬がいるらしい。
全てはベティの社交性のなさが大きな壁となるのだよ。
ちなみに上記のプランは全て一日$50位します。いい商売やなオイ。

結局はペットホテルみたいな所に預けるのが一番てっとり早いのか。
そういうとこは冷暖房管理された寝床の檻+自由に行き来できるスペースが付いてて、他の犬とは交流なし。
オプションで散歩もつけられるらしいし。一日$30ってとこか。
シンガポールにいた時はこういうとこに預けてた。(それしかないから)
引き取りに行った日にお泊りスペースを覘かせてもらった。
私に気付かぬベティは隣の檻から一番離れた壁に身体をぴったり付けてたそがれていた。

そのイメージがあるんで、なるべくなら避けたいペットホテル。
やっぱホームステイかな~。一回そこんちのワンコに会ってから決めるべきか。
まあ向こうがどんなにイイコでも仲良くなるはずがないけどさ。

↓意外に私が思うほどベティは気にしないのかもしれないけど。それならいいのだけどさ。
f0136555_2541049.jpg

人気blogランキングへ

 ランキング参加中。応援クリック感謝します。
[PR]
by hippok | 2008-02-12 03:04 | ワンコ


<< バレンタインデー おいしいスープ屋さん >>