使うべきか使わざるべきか

帰国前の最後の健康診断書取得の為、ベティ姉さんと病院へ行ってきた。
3週間前の入院騒動をまだ忘れてはいないだろう姉さん、診察室ではビタッと夫おにぎりと私にくっつく。
診察室の片隅でぎゅうぎゅうに固まって待つおにぎり一家。(暑いです)

いつもホントに親切な先生の診察後、必要書類に記入してもらう。
間違いは許されないので、先生も私も緊張する。
まったく何度やってもペットの渡航手続きは心臓に悪い。

帰国当日に使うか使わないかはまだ考え中だが、精神安定剤を処方してもらった。(←ベティの)
どちらかというと根暗なベティ、見た目に分かり易くパニックになったりはしないのだけど
内心すごく動揺するのは分かってる。人の多い所に行っただけで下半身が震えちまう姉さん。
私たちと離れて貨物室で渡航の姉さん。あぁ出来る事なら私も貨物扱いで一緒に。ぎゃはは。
安定剤は眠らせる為のモノではなく、なんとなーくぼーっとさせる効果があるらしい。
それで10時間以上の長いフライトのストレスを少しでも減らせるのであればいいと思う。
というか私が一錠もらっちゃいたい位だ。(ぶっ)

ちなみにベティ姉さんは今まで2回服用経験あり。
しかし姉さんは感情を表に表さないので、効いてるのか効いてないのかよー分からん。ぎゃはは。

渡航前に一回どんなもんだか実験する様に先生に勧められた。
う~んイマイチ乗り気がしないのだけれど。考えときます。
アメリカの薬って強そうで怖い。
私はこっちで買った花粉症の薬を飲んだ後、死んだ様に眠りにつきました。ぎゃはは。

金曜日には渡航書類にアメリカ政府承認印をもらいに、Olympiaという街へ行く予定。
すいすいいっても車で一時間半はかかるらしい。遠いな~。ま、観光ついでにね。

はー何もかもうまくいくといいね、ベティ。
f0136555_0104992.jpg

人気blogランキングへ

 ランキング参加中。応援クリック感謝します。
[PR]
by hippok | 2008-08-21 00:19 | ワンコ


<< お気に入りデリ2軒 本格中華料理店 >>